2013年03月16日

昨年8月、中国高官が沖縄の領有権を主張?



ありゃまー。民主党時代にこんな主張までとびだしてたんですか。
まあアジア全域は中国のものだーって考えてるんだろうなぁとは思ってましたが…。もうやだ〜(悲しい顔)
ロシアでさえソビエト崩壊後は単純な拡大政策をやめて周辺と連合国家としておつきあいしていく方向へ向かっているのに、何で中国だけ今だに前時代的な領土拡大にこだわってるんですかね。
ローマ帝国みたいに内部のドーナツ化現象で崩壊するまで待つより他ないのかしらん。

少なくとも琉球王国は一時はれっきとした独立国でしたので、日本のものだったわけじゃないよという主張だったらまぁまぁ納得できる範囲なのですが。うーむ。

南シナ海まで手を出してフィリピンともめてみたりと最近の中国さんは以前にも増して何かとご近所に敵を作りすぎですよね。
それでいてTPPに日本が参加するかもしれないとなったら、「TPPなんかよりアジアで協力するのが先じゃないですかむかっ(怒り)」みたいな公式コメントを出してきたりしてもう何がなにやら…。
TPPは秘密主義が過ぎたり著作権や訴訟の仕組みがアメリカ風になったりとグローバリズム全開ですので、日本人でも手放しで賛成な人はほぼいないと思いますが、
それでも「うちはそちらにケンカ売りまくるけど経済では仲良くしてね有料ぴかぴか(新しい)」、なんていわれてもかなり無理があるかと思うわけですが…さてはて中国の明日はどっちだふらふら












PR:
琉球の時代: 大いなる歴史像を求めて (ちくま学芸文庫)

posted by poco at 20:42| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。